初期費用が安く収まる敷金なし物件|お金は家財道具の購入に充てる

ビルの模型
このエントリーをはてなブックマークに追加

間取りの違いを明確にする

レディ

新宿近郊の賃貸物件は、神楽坂がおすすめです。都会の真ん中に位置する神楽坂ですが、飯田橋を含めて治安が安定しています。神楽坂は飲食店が多いため、人通りも多い傾向にあります。しかし、少し路地に入ると閑静な住宅街が広がるため、静かに暮らすことができるのです。交通利便性が高い神楽坂や飯田橋は、単身者向けのマンションが沢山あります。ワンルームや1Kといった単身者向けマンションの賃貸料の相場は、神楽坂が9.28万円、飯田橋が10.8万円となっています。坂を下っていくことで、賃貸料が高くなる傾向にあるのです。また、飯田橋駅は、JR総武線、東京メトロ東西線、有楽町線、南北線、都市地下鉄の大江戸線を非常に多くの路線が通っています。通勤や買い物にかかる負担がないのが、神楽坂や飯田橋の大きな魅力となるのです。
単身者向けマンションを賃貸する際は、間取りの違いをしっかり理解しておきましょう。特にワンルームと1Kの違いが明確にできていない人を多く見かけます。一見、同じ間取りに見えるワンルームと1Kですが、キッチンと部屋を仕切るドアの有無が決定的な違いとなります。1Kはドアでキッチンと部屋が仕切られており、表示されている坪数も部屋とキッチンで分かれています。しかし、ワンルームはキッチンや玄関を合わせた坪数表示となるので、同じ6坪でもワンルームと1Kでは実質的な広さが異なるのです。契約後に後悔しないためにも、ワンルームと1Kの違いを明確にした上で、賃貸情報を確認するようにしましょう。